レーシックで過矯正になるリスク!実際はどうなの?

今年間に数十万人の方がレ―シック手術をされているそうです。多くの方から喜びの声があり話題の手術ですが、そんな中全くトラブルも無いとは言えず、不正乱視や感染症やドライアイなど、せっかく手術をしたのに手術後のトラブルで困っている方たちもいます。

 

そのトラブルの中の1つに「過矯正」と言うのがあります。
過矯正とは、レ―シック手術後矯正しすぎで遠視状態になり目の調整筋に負担がかかり、色々な支障が出てくることを言います。

 

視力が上がると言う事はとても大切で嬉しいことですが、今までの視力で遠方視力も動体視力や暗視力、近方視力などのバランスを保っていたのが、急に遠方視力だけが上がってしまえは、そのバランスを整えるための調節筋がついていけなくなってしまい、負担が多くなってしまいます。

自分に合った視力というのは、一人一人違う

それにより、近くが見えにくくなったり疲れがひどくなったり、またはめまいや吐き気、肩こりなどが起きて体調を崩してしまうケースもあるのです。

 

さらにひどくなると自律神経のバランスが崩れ、うつ状態や無気力、倦怠感に悩まされてしまう事もあります。
ですからこんなことにならないよう、手術前には必ず医師と相談して、自分の生活習慣や仕事内容に合った視力に合わせてもらえるようにしましょう。

 

 

急に高い視力に変えると言う事は、良いことばかりではないのです。ダイエットや運動などにも言えることですが、何事も急にやり過ぎると負担が大きく、色々なバランスが崩れてしまいます。
つまりは、何事もほど良いバランスが保てて、快適でストレスが無い事が一番大事なんです。

 

自分に合った視力というのは、一人一人違うのです。
例えば視力1.5を本人が希望したとしても、近くを見る機会が多い仕事を職業にしている方などであれば、実は1.0や1.2の方がバランス的に良いと言う事もあるのです。

 

単純に視力を上げることだけを良いとは考えずに、トータルでの目のバランスを考え、良く検討した後にレ―シック手術を受けるようにしましょう。