レーシック手術の評判と痛みについて

レーシックは大切な目のことなので、ネット上にもいろんな評判やクチコミが溢れています。ですが、実際に体験した私からしたら、レーシックは本当に安全な手術です。

 

最近よく見かける口コミは痛みはあるかということです。レーシック手術の場合、全身麻酔をするわけではないので、話をすることも可能です。意識があるのに、直接目に治療を施すので、痛いのではないかという心理的に不安に思う方も少なくありません。たしかに誰でもそう思いますよね。

 

しかし、レーシック手術前に洗浄を行って、その後に点眼麻酔をさしますので、これで痛みを感じる人はほとんどいません。手術中は痛いというより、フラップを作成する段階で眼を圧迫することに違和感を感じてしまう人が多いようです。

 

痛みと言う点では、レーシック術後に麻酔が切れたために滲みるような痛さを感じる人がいます。しかし、これも術後の痛み止めの点眼薬を処方されますので、それで対処できることがほとんどです

 

大手のレーシッククリニックを選べば、そこのところは問題ないでしょう。ちなみにレーシックの最大手は品川近視クリニックです。

 

なお痛みに対しては、個人差があるので、不安な場合は、事前問診の時にじっくり相談して、精神的な不安から解消されてから手術に臨む方が痛みを感じるリスクが減るでしょう。

レーシック手術で失明する危険性はない?

レーシック手術は失明の危険をほとんど伴わない安全性の高い技術です。レーザーで角膜を薄く削り取るだけですから、目の奥の器官にまったく手を加えません。

 

また、万が一施術中に停電などのアクシデントが起きた際にも安全に中断等が可能なように、何重にも安全装置が働く仕組みになっていますから外科手術とはいえ、とてもリスクが低いのです。

 

もっと気をつけたほうが良いのは合併症や過矯正であって、術中や術後の失明のリスクについてはないと考えておいて良いでしょう。実際にレーシック手術で失明した事例は、世界中で1つもありません。

 

ただし、合併症のリスクをより減らすためには、クリニック選びが大切になってきます。徹底した衛生管理と、最新機器がそろったクリニックがベストです。(※参考サイト http://レーシック手術.jp/

 

視力のいい女性

 

どの種類のレーシックを受ければいいのか?

今はレーシックの種類は増えていますし、実際にどれを受ければいいのか悩みます。単純に料金だけで決められるものではありませんから。レーシック手術の術式を見比べてみましょう。

 

実際にカウンセリングを受けてみなければわからないことも多いので、受けてから更に検討するということでも良いのですが、角膜の厚さには個人差があり、極端に薄い人はレーシック手術に向きません。

 

しかし、比較的薄い場合には、角膜の薄い人でも受けられる最新機器を用いてくれる品川近視クリニックや神戸神奈川アイクリニックのような大手が適しています。そういった機器の違いなどについて予めクリニックで確認しておくと安心です。

 

インターネットで色々と情報収集が可能な時代ですから、クチコミも検索してクリニックや医師の評判についても前もって調べてみると参考になります。

 

設備や料金、家からの距離くらいはクリニック情報を調べればわかりますが、手術を受けてみた人の感想はクリニックそのもののサイト以外の場所で、良かったという意見も不満だったという意見も両方取り入れましょう。

 

2chなどの掲示板を見ると、悪意のある誹謗中傷がほとんどなので、そういったものは無視してかまいません。自分の足でクリニックに無料の適応検査を受けに行くのが1番いいと思います。おすすめは大手の品川近視クリニックです。

 

また、いざ診察を受けてみて、説明が不十分だと思ったならば自分から質問することも大切ですし、それでも明確な回答が得られない医師は信頼できませんので、セカンドオピニオンを検討してください。

 

大切なのは、信頼できる医師の下で、安全に、的確な手術を受けることですから、手術を受ける前の段階で徹底してクリニックを選ぶ必要があります。

レーシック術後の目のケア

手術直後の目のケア

手術の直後は、まだフラップが安定していません。そのため、ここで何か問題が生じれば、今後の見え方に大きく影響してしまいます。目をこすることは当然のこと、目を酷使したり、洗顔や洗髪も手術当日はダメです。

 

お風呂に入る場合は、シャワーを肩から下だけ浴びるようにしてください。なお、個人差があるのですが、しみるような痛みがでたり、ごろごろするような違和感が出る場合があります。

 

痛み止めの目薬が処方されているはずですのでそれを使いましょう。目の周りのメイクもしばらくは控えてください。

 

手術の翌日になれば、仕事に復帰しても大丈夫です。ただし、パソコンを主に使うなど目を酷使するような仕事、野外での仕事はまだ控えてください。

 

海やプールに入ったり、激しい運動をしたりというのは、まだしばらく我慢が必要です。術後の経過にもよりますが、だいたい1ヶ月程度で日常生活での制限はなくなるでしょう。

 

数日後の目のケア

レーシック手術を受けてしばらくたつと、視力も安定し、日常生活での制限も基本的になくなります。しかし、だからといってそれでもう何の問題もないとうことではありません。

 

レーシック手術で一旦視力が回復したからといって、その後も目を酷使し続ければ再び視力が悪化する可能性が高いからです。

 

パソコンや携帯、テレビなどと目を酷使する機会は非常に多いのですが、レーシック手術で回復した視力を維持したいのであれば、こういったことはなるべく避けた方が良いでしょう。

 

また、どうしても目が疲れてしまったときのおすすめのケアは、目の周辺を温めてあげることです。温めるだけでも血行の改善や筋肉がほぐれる効果が期待でき、十分なケアになります。蒸しタオルなどを目の上に乗せると良いでしょう。

2013/03/05 18:01:05 |
まず、入浴は前日に必ず済ませます。洗顔し、髪を洗います。これは、手術当日に入浴できないためです。手術後に細菌が入らないよう、当日もメイクはせず、整髪料の使用も控えます。手術翌日の入浴でも顔や髪を洗えない、或いは目の周囲は流して洗わぬよう拭く程度にするなどの制限もあります。尚、翌日からのメイクの場合は、アイメイクは控えます。コンタクトレンズを普段使用している人は、その使用も控えます。コンタクトレンズの使用を控えるのは、自然な状態で角膜を保っておくためです。また薬の使用も控えなければなりません。ただ、どうしても服用を欠かせない場合は、事前に医師に相談が必要になります。
2013/03/05 17:54:05 |
今メディアの間でも視力がアップすると評判のレ―シック手術。多くの方が手術をしその効果に喜びの声がもちきりです。芸能人も多くの方が手術されていますよね。レ―シック手術は病院やクリニックによって手術費用はまちまちなのが現状です。保険が適用されないため各病院やクリニックで金額を決めるので費用は10万から30万円ほどまでと差があります。昔に比べて安くなり、両目で20万前後が相場のようです。できれば少しでも低価格で手術を受けたいと思う方がほとんどでしょうが、費用で手術を決めるのではなく自分の一生お世話になる大切な目の手術を、安心して任せることのできるクリニックや病院を選ぶことが大切です。
2013/03/05 17:52:05 |
今年間に数十万人の方がレ―シック手術をされているそうです。多くの方から喜びの声があり話題の手術ですが、そんな中全くトラブルも無いとは言えず、不正乱視や感染症やドライアイなど、せっかく手術をしたのに手術後のトラブルで困っている方たちもいます。そのトラブルの中の1つに「過矯正」と言うのがあります。過矯正とは、レ―シック手術後矯正しすぎで遠視状態になり目の調整筋に負担がかかり、色々な支障が出てくることを言います。視力が上がると言う事はとても大切で嬉しいことですが、今までの視力で遠方視力も動体視力や暗視力、近方視力などのバランスを保っていたのが、急に遠方視力だけが上がってしまえは、そのバランスを整える...
2013/03/05 17:47:05 |
「レーシック」手術は手術そのものには危険性があまりないということはわかっていただけたと思います。「レーシック」手術とその人の目の相性というものもあり、また医師によっても経験が異なるため本来起こさなくてもよかったはずの合併症などが起きる場合があるということなのです。また手術のあとにも、ケアを怠ったせいで結果的に望んでいただけの視力回復がはかれなかったということにならないように、以下のようなことに注意して過ごす必要があります。